抱っこ紐

ベビービョルンのリアルな口コミ評判レビュー・実際の使い心地はどう?

ベビービョルンはスウェーデン生まれの会社で、コンセプトは「小さな子供を持つ親の生活を楽にすること」なんです。

抱っこ紐も有名ですが、バウンサーやトイレグッツ、ご飯を食べる時に必要なハイチェアーや前掛けなども販売していますね。

有名なのはいいけど、実際に使った人の感想やレビューはどうなんでしょうね?

購入する前に確認しておきたい口コミ評判をまとめたので、是非参考にどうぞ。

良い口コミ評判

ベビービョルンは本当に評判がいいですね。数ある中からいくつかピックアップしたので、ご紹介します。

肩幅が狭くても使いやすい

エルゴはサイズが(大きすぎて)合わないって人多いですもんね。ベビービョルンは、肩幅が狭い人でもフィットしやすいんですね。

バックルが後ろにない

背中のバックルに手が届かない!って言われる人が多いですね。バックルは前にあるので、簡単に装着が出来ます。

脱装着が簡単

ベビービョルンは全体的に、使いやすい・付けやすいという声が多いですね。

最後の方は、エルゴ持ってるのにベビービョルン買おうか悩んでますね(笑)

ONE KAI AIRは新生児から3歳ごろまで使えるタイプで、人気ですよね。

赤ちゃんを寝かせたまま外せる

寝かせたまま外せるので、本当に楽ですね。やっと寝た赤ちゃんを起こしたくないですもんね・・・。

新生児に焦点を当てて作られているものがあるので、初めての抱っこ紐としてやっぱり人気ですね。

三種の神器です(笑)。MINIというタイプ新生児に特化したも(0~12ヶ月まで用)ので、首すわり前から使用できるので人気が高いですね。

最後のレビューは良いか悪いか分かりませんが、赤ちゃんがぐっすりお昼寝できて、とりあえず良かったです。(笑)

 悪い口コミ評判

バックルが無いから良いって人も多いのですが、子供が重くなるにつれてバックルがないから子供の体重が肩にいってしまうとの声ですね。

MOVEというタイプにはバックルじゃないですけど、バックサポートが付いています。もしかしてMINIを使ってる方でしょうか?

あまり悪いレビューらしきものはなかったのですが、こういった声もありました。

買い替え時期が早そうで長い目で見たら高いかも?

ベビービョルンは新生児に特化したMINIというタイプがあるからでしょうか、首すわりが終わったら別の抱っこ紐を買わなくちゃいけないと思っている方がちらほらいました。

特徴は後述しますが、抱っこ紐は3種類あります。

  • 新生児~12か月までのMINI
  • 新生児~15ヶ月までのMOVE
  • 新生児~3歳までのONE KAI

長く使えるものだったらONE KAIシリーズを選べば、すぐに買い替える必要もありません。

ベビービョルンの特徴

口コミ評判の良い抱っこ紐・ベビービョルン
総合評価
新生児抱っこ
対面抱っこ
前向き抱っこ
おんぶ〇(商品による)
首すわりサポート
品質SG基準・独立した機関の検査・オーガニックコットン国際基準に準拠・医師、助産婦、小児科医、医療専門家によるテスト済み
素材メッシュ・コットン
重量約500g~
特徴新生児向け抱っこ紐の評判がどこよりも高い
特徴2抱っこ紐だけでなく色々なベビー用品有り
販売元日本では公式代理店は
価格7500円~

抱っこ紐は3種類あるので、特徴を紹介します。

MINI

ベビービョルンの口コミ評判レビュー・MINI

136件のレビューが付いて4.7の星を獲得しているMINIシリーズは、MINI・MINI Air・MINI3Dジャージーの3タイプがあります。

新生児の抱っこ紐と言ったら、ベビービョルン=MINIってイメージもありますよね。

特徴は、この様になります。

  1. 価格・約7500円~1.1万円
  2. 新生児(12か月ごろまで)に特化したデザインなので、フィットする
  3. 首すわり前から使える
  4. コットン(冬)・ジャージー(年中)・3Dメッシュ(夏)の3種類の素材から選べる
  5. 使いやすいシンプルなデザイン
  6. 対面抱っこ・前向き抱っこが可能
  7. 洗濯機で丸洗いOK
  8. 12種類のカラー有り
  9. 赤ちゃんが抱っこ中に寝ても簡単に抱っこ紐を取り外せる
  10. 成長に合わせてサイズ調整が出来る

特に人気の機能が、これです。赤ちゃんが抱っこ紐の中で寝ても、簡単に赤ちゃんをベッドに降ろすことが出来ます。

ベビービョルンの口コミ評判レビュー・MINI

MINIはショルダーベルトと本体が別々なので、前方にあるバックルを外すだけで赤ちゃんを下せるんです。

素材も季節によって選べるので、助かりますね。ベビービョルンの口コミ評判レビュー・MINIは素材が選べる

新生児の成長はすごく早いので、1サイズだけでは完全にフィットさせることが出来ません。

MINIなら簡単に抱っこ紐のサイズを調整できるので、赤ちゃんの成長に合わせて大きさを変えることが出来ます。

ベビービョルンの口コミ評判レビュー・MINIはサイズ調整が簡単

べビ―ビョルンはこちら

MOVE

ベビービョルンの口コミ評判レビュー・MOVEの特徴

こちらは5件のレビューとちょっと少ないですが、それでも五つ星ですね。

MOVEはMINI(12か月まで)とONE KAIの中間の商品なので、中間過ぎて購入者が少ないかもしれません。

特徴はこの様になります。

  1. 価格・約1.7万円
  2. 新生児から15ヶ月頃までに特化した製品
  3. メッシュのみ
  4. 対面抱っこ・前向き抱っこ
  5. バックサポート付き

一番特徴はこのバックサポートで、肩のみに負担がかからないように、腰・背中にも負担を分散します。

ベビービョルンの口コミ評判レビュー・MOVEの特徴、バックサポート
べビ―ビョルンはこちら

ONE KAI Air

ベビービョルンの口コミ評判レビュー・MOVEONE KAI

このシリーズには、ONE KAIONE KAI Airという2種類があります。330件のレビューが付いて、星4.6の高評価です。

一番人気ですね。

海外ブランドは日本人の体格に合わないことが多いのですが、こちらは日本人の体格に合わせた専用モデルなので、日本製とサイズに差はありません。

その他の特徴は、このようになります。

  1. 価格・約1.8万円~2.2万円
  2. オールシーズン使える
  3. コットンとメッシュの2タイプ
  4. 新生児から3歳ごろまで使える
  5. ショルダーパッドが大きいので、肩が凝りにくい
  6. ストラップ・ウエストベルトは圧力を緩和しサポート
  7. 赤ちゃんが抱っこ中に寝ても簡単に抱っこ紐を取り外せる
  8. 4通りの抱っこが可能
  9. スライドさせて抱っこからおんぶにポジション変更
  10. 身長差がある夫婦でも使えるように調節ベルト付き

抱っこのポジションは、首すわり前の高い位置での対面抱っこ・首すわり後の対面抱っこ・前向き抱っこ・おんぶが可能です。抱っこ紐の高さを調整できるので、助かりますね。

ベビービョルンの口コミ評判レビュー・MOVEONE KAI、4通りの抱っこが可能

立ったまま一人でおんぶ→抱っこ、抱っこ→おんぶとポジションを変えることが出来ます。

ベビービョルンの口コミ評判レビュー・MOVEONE KAI、4通りの抱っこが可能

べビ―ビョルンはこちら

まとめ

価格も他のブランドに比べ安いので購入しやすいし、スウェーデン生まれと聞いたらそれだけで質が高いイメージが湧いてきますよね(笑)

抱っこ紐以外にもいろいろ売っているので、是非チェックしてみて下さい。

べビ―ビョルン